口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケア リハビリ

口腔ケア リハビリ

口腔ケア リハビリ

口腔ケアを行う体位ですが,生活のリズムをつくるためにもできるだけ洗面所で行うことが望ましいと思うのですが,ベッド上で行う場合は,起座位または半座位で行うのです。

起座位の場合は,誤嚥はしにくいが疲れやすいので注意が必要になっているのです。

口腔ケアや摂食嚥下訓練を行うのが当たり前という時代になってきている。

長期療養の高齢者だけでなく、発達障害児や後天性障害者に対するケアや訓練も重要なのです。

口腔は、温度、湿度、栄養という点で、細菌が繁殖しやすい条件がそろっており、その細菌は呼吸器疾患など全身の疾患とも密接に関連しているのです。

それゆえ今、疾病予防、介護予防のために口腔ケアが求められているようです。

上半身を起こせない場合は,側臥位または仰臥位で,顔を横に向けてケアを行うのです。

もし,麻痺がある場合は,誤嚥を防ぐため健側を下側にするのです。

大脳感覚野で、口腔と手足の範囲が広く、口腔は感覚刺激を受けやすい部位といえるのです。

したがって,口腔ケアや食事訓練は、発達を促す意味で,きわめて効果的となっているのです。

口腔リハビリとしての口腔ケアは口腔の機能を維持増進させることを目的としているのです。

具体的には、舌の運動、口唇の運動、頬の運動、発音練習、お茶のみによる嚥下の練習、うがいの練習などをおこなうのです。

いずれの体位においても,頸部を前屈させた方が誤嚥の危険は少なくなるのです。

麻痺がある場合は,誤嚥を防ぐため健側を下側にするのです。

いずれの体位においても,頸部を前屈させた方が誤嚥の危険は少なくなるのです。

ベッド上で行う場合は,誤嚥を防ぐためにも,可能なら吸引装置の準備をするのです。

また,うがいをした水を吐き出すためのガーグルベースンまたは膿盆などを準備するのです。

なければ,ペットボトルの側面をくりぬいたものでも代用できるのです。

口臭除去、口腔乾燥の防止、疼痛の軽減、口腔内出血などの不快症状の改善、口腔関連緒筋群や言語訓練などを含めたリハビリテーション、ならびに口腔健康診査などを、具体的方策として実施するものとなっているのです。

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|入れ歯 |歯科 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |岡山 インプラント |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |歯槽膿漏 歯周病 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |矯正 岡山 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |予防歯科 |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科