口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケア 高齢者

口腔ケア 高齢者

口腔ケア 高齢者

高齢者のむし歯は一般的に歯の根っこにできることが多く、歯ぐきが減って、歯の根っこが出てきて、そのまわりに汚れがつくからと言われているのです。

高齢社会が進む今日において、歯科医師などの専門家だけが、すべての高齢者の口腔ケアを行うことが現実的に困難な状況なのです。

年齢を重ね、自分の歯が少なくなると、多かれ少なかれ義歯が必要になってくるのです。

ただし、義歯を入れられるかどうかは別問題ですが。 総入れ歯であれ部分入れ歯であれ、口腔内を清潔に保つため、また十分な栄養を摂取するため、義歯をきれいに清掃することはとても重要になっているのです。

日頃からの口腔ケアと、定期検診が必要と考えられるようです。

健常者でも、口腔内の状態は普段から注意していないと、その変化に気づくのが遅れてしまいがちとなっているのです。

十分な清掃が行われていない義歯を使い続けていると、残っている歯が虫歯になったり歯周病が進行したり、口腔内感染症や口臭の原因になったりするのです。

また、きちんと義歯で咀嚼することが難しくなるのです。

高齢者の口腔ケアを充分に行うためには、実際の介護に携わる方々と歯科医師、歯科衛生士などの専門家の連携が重要となるのです。

そのためには、介護の現場に携わる方々に、口腔に関する基礎的な知識や実践的なケアの方法を身に付けて頂く必要があるようです。

義歯は外して義歯専用歯ブラシを使用して、歯茎は軟らかめの歯ブラシを使用して、毎食後に流水できれいにするようにしましょう。

それでも、義歯には目に見えない細かい汚れが付着するものなのです。

そのような汚れは殺菌効果のある義歯用洗浄剤で1週間に1回程度使用してきれいにしてください。

例えばかみぐせによって顔の左右のバランスが変わったり、それによって肩のラインや脊柱が湾曲して肩凝りや腰痛を引き起こすことが知られているようです。

夜眠るときには義歯は外して、歯茎を休めることをおすすめ出来るのです。

なお、義歯は、一度作ってしまえば一生使い続けられる、という類のものではないのです。

健常者でも唾液やカスが気管に入って、むせて苦しくなることがあるようです。

基本は,歯ブラシなどで口腔内を清掃し,口腔細菌をできるだけ減少させることとなっているのです。

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |矯正 岡山 |歯槽膿漏 歯周病 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |予防歯科 |インプラント 岡山 |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |岡山 インプラント |入れ歯 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯科 岡山 |

カテゴリー

記事一覧

当サイトについて

口腔ケア情報館へようこそ!管理者のkojiです。

管理人紹介

口腔ケアの目的は、化学的に口の中をきれいにするより、口の中のトラブルを改善するために行われています。