口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケアでインフルエンザを予防

口腔ケアでインフルエンザを予防

口腔ケアでインフルエンザを予防

インフルエンザの予防に口腔ケアが有効という事実は、あまり知られていないようです。

インフルエンザウイルスが口腔内に入り、増殖するのは、口腔内の歯石や歯垢がインフルエンザウイルスの増殖を妨げる粘膜バリアの成分を破壊しているからだとし、したがって口腔ケアを念入りに行えばインフルエンザの予防になるというものなのです。

最新の研究では、口腔ケアによるインフルエンザ予防効果が明らかになっているようです。

口腔ケアによって、インフルエンザ発症率が10分の1に減少してきているようです。

これは、ワクチンを接種するよりも効果があることになるようです。

予防法を見た視聴者や専門医はそんな話は聞いたこともないと疑問視しているが、口腔ケアと気道感染症の因果関係を調査し、研究した人たちが過去にいたことも事実で、そのときも同様の結果が得られたというから、効果はあるのではないかとの声も上がっているのです。

口の中でもっとも細菌やウイルスが繁殖しやすい場所が舌の表面となっているのです。

口腔ケアをすることで細菌数が減少して酵素活性も低下し、ウイルス感染を起こしにくい口内環境が作られるため、ということとなっているのです。

インフルエンザ予防は手洗い、うがい、口腔ケアと覚えておいてください。

正しくブラッシングしているでしょうか。磨いていても磨けてない場合があるのです。

舌の表面は、糸状乳頭と呼ばれる小さなヒダで、びっしりと覆われているのようです。

口腔ケアが、大切とのことで、口の中には細菌が多く、綺麗にすることで、インフルエンザを、防げるげるそうです。

プロテアーゼという酵素によってウィルスの表面が変化させられている必要があるのです。

プロテアーゼは気道の細胞で作られるのですが、口の中の細菌でも作り出されることがわかっているのです。

口腔ケアにより口の中の細菌を減らしたところ、プロテアーゼ量の減少が確認されているのです。

歯磨き等の口内ケアをすると、なぜインフルエンザの発症率が低下したのか? 

インフルエンザが細胞内に侵入して増殖するには、あらかじめウイルス表面の突起が切られている必要があるのです。

その突起を切る役割を持つのが、プロテアーゼという酵素なのです。

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |歯科 岡山 |愛知県 安城市 歯科 わかば歯科クリニック |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山歯科 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |岡山 自費診療 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |矯正 岡山 |神奈川県 藤沢市 歯科 やなぎさわ歯科 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |岡山 インプラント |歯槽膿漏 歯周病 |インプラント 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |予防歯科 |入れ歯 |青森県 青森市 歯科 ミドリデンタルクリニック