口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケア 食事の注意点

口腔ケア 食事の注意点

口腔ケア 食事の注意点

口の中が乾燥すると、いろいろな弊害おきてしまうのです。口腔清拭のときにも、乾燥した状態で粘膜に触れると、粘膜の表面が簡単にはがれて非常に痛いことがあるのです。

食物を口から食べることは、単に栄養を補給することだけではない。

摂食行動とは、食物の認知・補食・咀嚼・食塊形成・移送・消化・吸収・排泄という一連の運動であり、これには脳機能、口腔・咽頭機能、義歯、唾液など非常に多くの機能の活性化が関わっているのです。

また乾燥することで口臭もするし、むし歯もできやすくなるのです。

唾液などで口の中が湿っていればいいのですが、そうでなければ、何らかの方法で湿らしておいたほうがいいと思うのです。

嚥下障害者への正しい口腔ケアを行うことは、誤嚥性肺炎のリスクを大幅に減らすだけではなく、経口移行への可能性も高められることが明らかになっているのです。

長期間経口摂取や口腔ケアをしていなかったり痴呆があると,口腔内に異物が入ることに非常に敏感になり,口を固く閉ざして開けてくれなかったり,歯ブラシやスプーンを入れると,噛んだりされる場合があるんです。

こういう症状を口腔過敏といい,食事介助や口腔ケアを難しくさせるのです。

食事介助に関する正しい知識と技術が不足しているがゆえに、嚥下障害者に安全に楽しく食べて頂きたくても、うまく行かなかったり、余計に時間がかかったりする看護師や介護関係者も少なくないのが現状となっているのです。

口腔過敏を除去するには,とにかく口腔内に触れることなのです。

過敏が強い場合には,まず指や口腔ケア用のスポンジブラシを使い,頬粘膜や歯茎の部分を優しくマッサージするのです.

この時,噛まれないよう充分注意が必要になっているのです.歯牙が残存している場合には,バイトブロックを使った方がいい場合もあるのです。

食べる機能を回復する訪問口腔ケア近年、歯垢が肺炎を引き起こす事が証明され、週1回の専門的口腔ケアにより発熱の患者さんを半分に抑制できることから、在宅・病院・施設における訪問口腔ケアの啓蒙と活動をしているのです。

マッサージを行なう際には必ず臼歯部から始め、前歯にかけて行なうのです。

これは,前歯部の方がより刺激を感じやすいためなのです.

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|矯正 岡山 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |インプラント 岡山 |歯科 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |入れ歯 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |岡山 インプラント |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|歯槽膿漏 歯周病 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |予防歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院