口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケア 方法

口腔ケア 方法

口腔ケア 方法

高齢者の口の中は様々な要因が重なり、汚れやすく、細菌の繁殖しやすい環境にあるのです。

口の中を清潔にすることにより、口臭がなくなり、虫歯ができにくくなるばかりでなく、誤嚥性の肺炎を予防することができるようです。

口腔ケアとは高齢者の為の介護法なのです。

口腔内に問題がある方ほど口を開けたがらない傾向があるので、ケアを始める前にこれから口の中をきれいにしますねと声をかけるのです。

声かけはケアごとに行い、感想などを聞くのです。

看護の研究をしている人などはご存知かもしれないのですが、一般的にはまだあまり知られていないのです。

高齢者の口臭の原因の多くは、口の中の汚れや食べかすが細菌のすみかとなり、繁殖するところから来ているんです。

口腔ケアはリハビリテーションも兼ねているので、できるだけ洗面台に移動して対象者本人にやってもらうのです。

寝床から移動できない場合は寝床で行いますが、その方の身体状態に合った体位で行うのです。

そのまま放っておくと、口の中の様々なトラブルの原因にもなるのです。

口臭を感じたら、口の中を観察し、汚れている場所を見つけたらしっかり清掃をしましょう。

口腔ケアすなわち、介護により歯磨きや歯の手入れをすることによって、口の病気を防いだり、リハビリで咀嚼機能や舌の動きを回復させることができるのです。

両手で入れ歯をはずすのです。総入れ歯の場合は、入れ歯と粘膜の間に空気や水を入れると簡単にはずすことができるのです。

部分入れ歯の場合は、スクラプや入れ歯のふちに指をかけ、他の指で歯を支えながらスクラプや入れ歯のふちを引き下げてはずなのです。

高齢者になると、口の中の最近が繁殖しやすくなり、食物を間違って肺に吸い込んで誤えん性肺炎になることもあるのです。

うがいができない方、経管栄養の方、麻痺のある方などは、スポンジブラシなどに水を含ませ、余剰な水分をしぼり、口腔内粘膜面や歯肉面を清拭するのです。

スポンジブラシが汚れたら、そのつど水で洗うのです。口臭をやわらげると共に、口の中のトラブルを未然に防ぐようにしましょう。

歯ブラシを使用しての歯みがきは、口腔清掃の基本的な方法で、むし歯や歯周病の原因となる歯垢除去の効果が最も期待できるのです。

毛のかたさはふつうで良いですが、出血しやすい方はやわらかめを選ぶようにしましょう。

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |岡山 インプラント |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |歯槽膿漏 歯周病 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |予防歯科 |矯正 岡山 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |入れ歯 |歯科 岡山 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |インプラント 岡山 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック