口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケア 用品

口腔ケア 用品

口腔ケア 用品

スワブとは綿棒のことなのですが,スワブする=口腔清拭する と動詞で用いることもあるのです。

市販品もあるが,コスト面や大きさを自由にできることから,一般的には手づくりが多いのです。

舌や粘膜に付着した食物残渣や痰を拭うのに便利なのです。

水につけ、軽く水気を絞ってから使用するのです。痰が乾燥している場合には体温程度のお湯で湿らせると汚れが落ちやすくなるのです。

ただ,市販の口腔ケア用のスワブはスポンジ製のため,一般の綿棒よりも清掃効果は高いようです。

市販品もあるようですが,コスト面や大きさを自由にできることから,一般的には看護婦さんの手づくりが多いのです。

最近は、口腔ケアに関する様々な用具が出ているのです。それほど高価でなく、簡単に使える便利なものが多いようですので、普通の歯ブラシだけではどうもきれいにならない、口腔ケアは時間がかかると思われる方は一度お試しになっていいと思います。

柄が真っ直ぐなものやヘッドが小さいもの、毛が柔らかいものなどなど、色々な種類の歯ブラシが店頭に並んでいるのですが、口腔ケアを考えた場合、歯ブラシ選びには幾つかのポイントがあるのです。

ハイテク商品で,要介護人ごとに交換可能な給水・吸引機能の付いた電動歯ブラシにより,口腔清掃ができるという究極の口腔ケアシステムなのです。

電動歯ブラシの種類としては,ブラシ自体が微振動するタイプと,ブラシの毛の部分のみが反復運動するタイプの2種類があり, 両タイプとも,それぞれ短所長所があるが,介護人が使用する場合は,ブラシの毛の部分のみが反復運動するタイプが,位置がズレなくて使用しやすいのです。

歯間ブラシや粘膜ブラシ、デンタルフロスあるいは電動歯ブラシなどを併用することをおすすめ出来るのです。

なお、デンタルリンスを使用する場合は、第一に殺菌力、第二に爽快感を重視して選ぶようにしましょう。

歯ブラシ本体は,電動歯ブラシの機能を持っており,万一の吸引異常時にも,誤嚥を防ぐために給水のオートストップ機構がついているのです。

ケアプランにおいては,要介護者や家族の同意が大前提になるが,残念ながら,現段階での口腔ケアに対する要介護者や家族の認識度は極めて低いと言わなければならないのです。

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|予防歯科 |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |歯槽膿漏 歯周病 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |インプラント 岡山 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |入れ歯 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |岡山 インプラント |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |歯槽膿漏・歯周病 治療 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|矯正 岡山 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |愛知県 名古屋市 歯科 ファミリーデンタルイシダ |歯科 岡山