口腔ケア情報館 >> 口腔ケア >> 口腔ケアと噛むという行為の重要性

口腔ケアと噛むという行為の重要性

口腔ケアと噛むという行為の重要性

口腔の機能については、咀嚼、嚥下、発音などの機能のほかにも、いろいろな役割があることが知られているようです。

口の中を清潔にするだけでなく、歯や口の疾患を予防し、口腔の機能を維持することで老化・痴呆の防止、全身的な健康維持などQOLの向上に役立つのです。

口腔筋の機能は、普通はおっぱいを飲んだり、食事をすることによって自然に育っていくものだと思います。

口腔乾燥患者や唾液分泌低下のある患者、口呼吸患者などでは、口腔機能の発揮に必要な口腔粘膜の保湿が、保たれていないのです。

そこで、食事の前に、口腔粘膜を保湿したり感覚障害を取り除くことが必要となってくるのです。

しかし、ダウン症児はそのほとんどがオッパイを飲む段階ですでにつまづいてしまうようです。

噛むということは、口に入れた食物を切断、破砕し、唾液と混ぜ合わせる消化作用の第一段階なのです。

食物として異物であると感じた場合には反射的にそれを吐き出す防御反応のスイッチにもなるのです。

飲む力が弱く、穴の大きな軟らかい乳首でやっと飲めるという赤ちゃんが多いのではないかと思うのです。

噛む力が低下すると、顎の大きさが小さくなったり、歯並びが悪くなるため、清掃が難しくなり、ますますむし歯の誘因となるのです。

穴の小さな硬い乳首を使えば口腔筋は、確かに鍛えられるようです。

例えば、咬み合わせは口腔の機能だけに止まらず、体のいろいろな部分に関わりを持っているようです。

噛むという行為は筋肉や舌などを反射的に反応させ、脳や身体に刺激を与え、脳の発育を促進させたり、脳の老化を防ぐ一因になるのです。

かみ合わせは体の中で運動する器官の中で一番上位にあり、かみ合わせのバランスが崩れることにより、下位の部分でバランスを取るために、体にいろいろな影響が出てくるようです。

歯がなくなると咀嚼能力の低下や発音障害を生じるばかりでなく、食生活への欲望など人としての意欲がなくなり、その為、脳に対する刺激が減り、痴呆につながる事になるのです。噛むという行為は老化防止につながるのです。

口腔ケアや摂食嚥下訓練を行うのが当たり前という時代になってきているのです。

長期療養の高齢者だけでなく、発達障害児や後天性障害者に対するケアや訓練も重要になっているのです。

口腔乾燥患者や唾液分泌低下のある患者、口呼吸患者などでは、

口腔機能の発揮に必要な口腔粘膜の保湿が、保たれていないのです。

そこで、食事の前に、口腔粘膜を保湿したり感覚障害を取り除くことが必要となっているのです。

口腔ケア情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

|愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック|予防歯科 |歯槽膿漏・歯周病 治療 |愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス |インプラント 岡山 |岡山 インプラント |千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科 |入れ歯 |神奈川県 川崎市川崎区 歯科 高柴歯科 |審美歯科 ホワイトニング 岡山 |栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン |歯を削らない治療・歯槽膿漏・歯周病 治療 |栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック |神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科 |愛知県 名古屋市中区 歯科 久屋歯科室 |歯槽膿漏 歯周病 |高知県 高知市 インプラント ホワイトニング 嶋本歯科医院 |福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院 |歯科 岡山 |矯正 岡山